自由診療

歯をより自然に美しくしたい方失った歯を再現したい方へ自由診療をおすすめします。

歯をより自然に美しくしたい方失った歯を再現したい方へ自由診療をおすすめします。

自由診療

自由診療は保険では対応していない治療を患者さまの自費にて行う診療です。保険診療は素材や治療内容などが一律に決まっており、再発リスクや審美性の低下などが指摘されていますが、自由診療では患者さま一人ひとりの症状と希望に沿った治療が可能になります。そのため結果的に残存歯が多くなり健康的な食事で病気になりにくいなどのメリットもあります。

その代表例がインプラント治療。基本的には失った歯を再現させるための治療法です。歯がなくなった部分の骨に、インプラント体(人工歯根)を埋め込み、その上部に上部構造(人工の歯)を装着し、天然の歯により近い機能性や美しさを求めて進化し、十分に信頼性が得られた治療です。また、インプラント治療後は、良くかめるため、唾液の分泌が促進され、消化作用、自浄作用、味覚が向上します。費用は患者さまの状況によって異なり、全額自己負担になりますので、予め納得のいくまで相談して選択することが重要です。

従来の治療法と
インプラント治療の違い

  • 歯が1本抜けている場合は?

    従来の治療法では、隣接する健康な天然の歯を削り、ブリッジという方法が取られていましたが、インプラントにすると抜けた部分のみにインプラント治療を行うことができますので、健康な天然の歯を削る必要はありません。

    隣接した歯を支台にしたブリッジ

    隣接の健康な天然の歯を削って支台にし、欠損した
    歯を再現したブリッジを被せる方法です。

    インプラントが支持する上部構造(人工の歯)

    歯が欠損した部分のみの処置で済み、隣接する天然
    の歯と機能的・審美的にも判別がつかないほどです。

  • 多くの歯が抜けている場合は?

    従来のブリッジでは、残っている天然の歯だけで噛む力を支えなければなりません。噛む力はとても大きなもの。
    インプラントにすると、本来の歯数のバランスがとれますので、咬合圧(噛む力)による負担が少なくなります。

    取り外し式の部分入れ歯
    (パーシャルデンチャー)

    隣接の健康な天然の歯を削って支台にし、欠損した
    歯を再現したブリッジを被せる方法です。

    インプラントが支持する上部構造
    (人工の歯)

    歯が欠損した部分のみの処置で済み、隣接する天然
    の歯を守り機能性が回復できます。

  • すべての歯が抜けている場合

    従来の方法では、入れ歯安定剤が必需品であるなど 特有の不具合がありますが、インプラントにすると、しっかりと固定され安心して食事ができます。

    取り外し式の総入れ歯
    (フルデンチャー)

    入れ歯安定剤が必需品ともいえる従来の取り外し式
    総入れ歯は、特有の不具合がまだ未解決のままです。

    インプラント支持の取り外し式総入れ歯
    (フルデンチャー)

    装着状態で顎の骨と固定させるため、従来の治療法と比べ総入れ歯の安定度が違います。

こんな症状でお悩みの方へ

  • インプラント治療
  • ホワイトニング
  • 審美修復
  • 金属床
  • ノンクラスプランチャー
などの症状にお悩みの方は
ご相談ください。
早期発見・早期治療をお勧めします。

よくある質問

インプラント

  • インプラント治療とは、どのような治療なのでしょうか?
    基本的には失った歯を再現するための治療です。歯が無くなった部分の骨にインプラント体(人工歯根)を埋め込み、その上部に上部構造(人工の歯)を装着します。天然の歯に近い機能性や美しさを求めて進化し、信頼性が得られた治療です。さらに、インプラント治療後は良く噛むことができ、唾液の分泌が促進され、消化作用、自浄作用、味覚の発達などが向上するとの報告もあります。
  • インプラント治療は、永久的なものですか?
    インプラントは、骨の中で静的に安定した状態で噛んだときの力を支えます。一方、上部構造は硬い食べ物を粉砕したり、日常的に対向する歯と衝突しているような過酷な環境であり、自動車に例えるとタイヤのようなものです。タイヤは消耗品であり、走る道路状態や速度、車体の重さなどで耐用期間や交換時期が変わります。上部構造も同様に、噛む力の強さや食事、生活習慣などによって疲労度や消耗度が異なり、メンテナンス(定期的な健診)を怠るとインプラント体にまで悪影響が及びます。インプラント治療は、永久的に機能させることを目的に行われますが、上部構造は、定期的に修理や交換が必要な部品であることを前提として、メンテナンスの時期や将来的に交換が必要なときの費用負担なども含め、ご相談ください。
  • インプラントにも多くの種類があるようですが、どこが違うのですか?
    インプラント体の素材であるチタンの表面に各種の加工を加えたチタンインプラントと、素材に骨の主組成のハイドロキシパタイト(HA)をコーディングしたHAインプラントがあり、それぞれ骨との結合(接合)状態が異なります。HAインプラントは97%もの高結晶化率を有し、骨とほぼ同様の構造を持っているため、骨折した部分が治癒するのと同じような状態でHAインプラントと骨が結合していきます。そのため、骨の量が少ないケースや、抜歯と同時にインプラント体を埋め込む手術など、骨を積極的につくりたい部位にも有効とされています。
  • インプラント治療の費用は?
    インプラントの治療費は、手術料とインプラント体の材料費、インプラント体に装着する上部構造(人工の歯)の費用の合計です。また、インプラントの治療費は、確定申告することで医療費控除が受けられます。年間10万円以上支払った場合、所得税の一部が戻ります。詳しくは、税務署でご相談ください。

ノンクラスプデンチャー

  • なぜノンクラスプデンチャーは目立たないの?
    金属のバネを使用しないため、見た目が自然です。
  • ノンクラスプデンチャーのお手入れ方法は?
    こまめに洗浄剤を使用しての洗浄をお勧めします。変形、変色の原因にもなりますので、煮沸消毒はしないでください。
  • 治療は健康保険で行えますか?
    ノンクラスプデンチャーは健康保険適用外となっています。費用は患者さまの状態によって異なりますので、ご相談ください。

診療受付 MEDICAL RECEPTION

スケジュール
  • 休診日/日曜・祝日
  • 土曜診療
  • 18時以降診療
混雑時間帯:平日/夕方

休診日 CLOSED DAY

アクセス ACCESS

〒011-0901 秋田県秋田市寺内字三千刈325-3

・山王十字路から車で10分
・駐車場を13台分ご用意しております。

採用情報 RECRUIT

採用イメージ

歯科衛生士・歯科助手
募集中

TAKU歯科クリニックでは、一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。
正規雇用やパートタイム、就業時間など、ご都合やご希望に応じて、柔軟に対応いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。